ETCカードをレンタルした場合の精算方法とは?

ETCカードをレンタカーと共にレンタルして使用した場合、その利用料金はどのように清算するのでしょうか?今回はETCカードレンタル料金とETC利用料金の精算方法についてご紹介します。

まず初めに注意しておかなければならないのは、ETCカードだけをレンタルする事は出ません。

ETCカードレンタルはあくまでレンタカーを借りる際のオプション的な扱いです。

「ETCカードを持ってないからレンタカー屋で借りよう」という使い方は出来ませんのでご注意下さいね!「借りるなら車ごと」これが基本です。

▼利用料金の精算方法

1bbc1fbb80c8bc223eb5498c6b5a716f_s

レンタカーと共にETCカードを借りる場合、まずは利用するレンタカー会社にETCカードがレンタルできるかどうか確認する必要があります。

以前にも触れましたが、大手のレンタル会社でもETCカードレンタルをやっているところと、いないところがあります。

まずはそこからきっちりと調べましょう。

次にETCカードレンタルについての料金と予約、返却方法のおさらいです。

大手3社は以下の通りです。

ETCレンタル費用:324円(税込)

返却方法:借りた店舗以外の返却可能(一部店舗を除く)

予約方法:電話予約

これらを踏まえた上でETCカードをレンタルして実際に利用します。

その後の清算方法ですが、基本的には「レンタカー料金と一緒に精算」されます。

更に詳しく解説すると、全ての料金の支払いは車の返却時に「レンタカー料金」「ETCカードのレンタル料」「ETCカードで自動精算された有料道路料金」を合算して支払います(レンタカーの利用料金のみ前払いでETCカード利用料等のオプションは後払い、という会社も存在するので、そこは各レンタカー会社の規約に従って下さい)

ETC利用料金は大抵のETC車載器には「読み上げ機能」がついていて、有料道路を出る際に金額を音声で知らせてくれる場合が多いですが、その機能がついていなかったり、聞き取ることを忘れて、料金が分からなくて不安な場合はSA(サービスエリア)やカー用品店に置かれているETC履歴発行プリンターを使って利用明細を出力する方法もあります。

金額を確実に知りたい場合は利用してみましょう。

▼クレジットカードや銀行口座は必要?

ETCのレンタル、または利用においてクレジットカードや銀行口座は必要ありません。

料金は全てレンタカー料金と共に支払えます。

▼領収書は貰える?

領収書は貰えません。

ETC利用料金についてはETCカードで自動精算され、後日利用明細が発行されます。

この利用明細が領収書の代わりになるので、こちらを保管しておきましょう。

ちなみに利用明細書の発行は郵送対応で時間もかかるので、先程記述したようなETC履歴発行プリンターで利用明細を発行しておくと安心です。

また、レンタルした車の「車両番号」、ETCカードの「カードナンバー」をメモしておくと、インターネットの「ETC利用照会サービス」を利用して履歴を見る事が出来るので、万が一の時の為に控えておくとより確実ですよ!