葬儀の服装について基本的なことを知っておかないと恥をかく!?

葬儀の服装の基本的なことについてまとめています。千葉でも愛知でも、通夜も葬儀もブラックフォーマルを着て行けば問題はありません。

RSS 2.0

女性の葬儀の服装について。お葬式で一番よく着ているものは?

男性の場合、葬儀の服装はモーニングスーツかブラックフォーマルスーツかになりますが、女性の場合はいくつか種類があります。

いくつか種類がある喪服の中で、一番フォーマルなのはどんな服装なのでしょう。

▽ご参考までに・・・恥をかかないために!葬儀、通夜、法事に参列する際の喪服マナー【男性編】

《女性の葬儀の服装の種類》

女性の葬儀の服装は、全部で5種類あります。

和服、ワンピース、アンサンブル、パンツスーツ、ツーピースです。

和服が一番フォーマルであると言われていますが、今はとても着る人が少なくなっているようです。

《最も着られているのがアンサンブル》

喪主側、遺族側になると喪服(和服)を着るのが当然のように考えられていましたが、都市部では最近、和服はあまり着ていないそうです。

アンサンブルが9割、スーツが1割弱くらい、和服はなんと1%くらいだと言われています。

もちろん、地域によって違います。

地方では和服の割合がもう少し多いようですね。

《アンサンブルが選ばれる理由と和服が選ばれない理由》

アンサンブルが葬儀の服装として一番選ばれている理由は、世代を選ばないことです。

また、妊娠中の人や出産直後の人でも体型を気にせず着られるのがアンサンブルです。

和服が選ばれない理由は、そもそも和服を持っていない、持っているが管理が大変、着付けが自分でできず、依頼しないといけない、着慣れていないため体調を崩してしまう恐れがあるからです。

昔は着物しかありませんでしたから皆慣れていましたが、今は都市部だと年配の喪主さんくらいだそうです。

OFF
admin01