葬儀の服装について基本的なことを知っておかないと恥をかく!?

葬儀の服装の基本的なことについてまとめています。千葉でも愛知でも、通夜も葬儀もブラックフォーマルを着て行けば問題はありません。

RSS 2.0

子どもを葬儀に参列させるときの服装は?

今まで大人の葬儀の服装ばかりのことを書いてきましたが、子どもも葬儀に参列することがありますよね。

自分の子どもや親せきの子どもが葬儀に参列する際の服装はどうすれば良いのかを調べました。

《基本的には地味な色の服を》

幼稚園児や小学生の場合、男の子なら白のシャツに黒または紺のズボン、女の子なら白のブラウスに黒または紺のスカートが良いでしょう。

寒い時には上に黒または紺のセーターを着ると良いですし、もしブレザーがあればそれを着用すると良いでしょう。

靴下は白で黒い靴を履きます。

子どもだからと普段着で漫画の描いたようなシャツを着ていたり、キャラクターの靴を履いている子を時々みかけますが、マナー違反と言えるでしょう。

《制服があればそれでOK》

最近は幼稚園や小学校でも制服があるところが増えました。

そんな場合は制服でOKです。

中学生、高校生だと制服で参列させます。

しかし、制服でも黒や紺以外の派手な色が使われている場合は、ブラックスーツなどを着た方が良いでしょうね。

《赤ちゃんの場合は?》

赤ちゃんを葬儀に連れて行く場合は、できるだけ地味な服を着せていけば大丈夫です。

派手なプリントをしたものは避け、紺色やグレーなどを選べば良いでしょう。

服装よりも気になるのが途中で泣いたりしないかですよね。

時間が長いため、途中でぐずったりしたらすぐ会場の外へ出られるようにしておくと良いですね。

小さい子どもだからわからないだろうと言っている人がいますが、小学生くらいなら葬儀の場はこんな厳粛なものなのだとわからせるのに良い機会ですよ。

OFF
admin01