ETCカードも車載器もレンタルしたい

前回、ETCカードのレンタルについて色々お話しましたが、今回は「ETCカードを車載器ごとレンタルできるかどうか」について調べてみたいと思います。

前提条件としてETCカードは勿論ETC車載器にセットしないと使う事が出来ません。

ETCカードだけがあっても役に立たないのです。

故にETCカードを使う為にはETCカードと、車に設置しセットアップした車載器が必要になります。

この車載器は通常新車を買うとオプションで装備されていたり、カー用品店等で別箇購入をして設置をする事になりますが、値段は安いもので6,000円前後、必要な設定を入力するセットアップ料金もプラスすると8,000円~1万円弱になります。

決して安い金額ではないですよね。

故に「今回だけ使いたい」という場合や、使う頻度が極端に低い場合に「レンタル出来ないかな」と思うのです。

▼ETCカードと車載器も一緒に借りられる?

f544fac7c2d2fec33c5fa56e7b69b6d3_s

基本的に一般的なレンタカー会社や車載器を販売しているカー用品店等では車載器のレンタルはしていません。

インターネットでくまなく探してみるとごくわずかな店舗でレンタルしているところがありましたが、1日のレンタルが3,000円……と余り安価ではありませんでした。

この事から車載器のレンタルは余り一般的でない事がわかります。

他に方法はないのかと更に調べてみると一部の組合ではレンタル制度を実施しているところはありました。

しかし、当然「組合」という組織の制度なので、その組合に属していないとレンタルする事は出来ませんし、結局は車載器を設置する手間、セットアップする時に必要なセットアップ料金が掛かるのは同じ事で(大体2,000円程度です)やはり余りお得感はありません。

これなら自家用車を持っている場合は自分で買って設置した方が断然いいような気がします。

数回使えば元が取れてしまいますからね。

こんな風に色々なパターンを想定した結果、やはり一番いいのは「車載器付きのレンタカーを借りる」という事でした。

レンタカーなら車も好きな車種を選べますし、ETCカードもレンタル可能なので改めて自分でカードを作る手間も省けます。

費用としても車と、ETCカード込みで6時間6,000円程度で済むのでコストパフォーマンスも思ったよりもずっといいし、なにより時間がかからないのがいいですよね。

ETC車載器を自分で購入して設置したり、レンタルして設置する場合とにかく時間とお金がかかります。

車に取り付けるのも面倒ですし、何よりもセットアップがややこしい、業者に丸投げすると無駄な費用がかかってこれも煩わしい!

だったら簡単な手続きと、全ての費用を合算して支払うだけのETCカード付きのレンタカーを借りた方が全ての面についてお得だと思うのです。

金額もそうですが、時間だってお金には変えられない程貴重なものです。

なにより急いでいる時は余計な事をしている暇はありません。

身一つでレンタル会社に行ってさっと車を借りられる事、これが最大のメリットであり、効率的な方法なのです。

もしETCの利用が不可欠な事態に陥った時は、迷わずレンタカー会社に駆け込みましょう。

それが一番お得ですよ。

ETCカードのみレンタルしたい

思っていた以上に便利でお得なレンタカー。

出先で急に車が必要になった時や、色々な事情で自家用車が使えない時など、重宝する場面はいくらでもあります。

そのレンタカーと同様にETCカードもレンタル会社からレンタル出来る事はこれまでお話してきた通りですが……ETCカードだけをレンタルする事は可能なのでしょうか?今回はETCカードレンタルに特化したお話をしてみたいと思います。

▼ETCカードのみのレンタルは可能?

67bed84a48b1225fe46864a56f9748e2_s

結論から言えば、レンタカーショップで「ETCカードだけ」をレンタルする事はできません。

ETCカードレンタルはあくまでレンタカーを借りる際のオプション的な扱いです。

「ETCカードを持っていないからレンタカー会社でレンタルしよう」という事は出来ませんのでご注意下さい。

ではなぜETCカードのみレンタルは出来ないのでしょうか?

それは、ETCカードの位置づけはクレジットカードと同じ物だからです。

クレジットカードは基本的に名義者本人しか使えないものですよね。

どのクレジットカード会社の規約を見てもそれだけはきっちりと明記してあります。

ETCカードもそれと同じで本人以外の使用は禁止されています。

それが身内であろうが、友達のであろうが、レンタカー会社から借りたものであろうが自分名義のもの以外は使用できません。

「本人以外は絶対に使ってはいけない」のです。

その最大の理由として、ETCカードの料金精算方法がクレジットカードと同じ、という事があります。

そもそもETCカードの料金支払いは基本クレジットカードで行います。

個人のETCカードを作る場合、まず初めにクレジットカードを作り、そのオプションとしてETCカードを作りますよね。

その支払い方法は「カード会社が利用料金を一旦払って、その金額をカードを所持している本人の口座から指定日に引き落とす」というものです。

だからその口座を持っている本人以外が使用する事は出来ないのです。

クレジットカードを作る時に色々な書類を提出し、きちんとした審査があるのは、利用者が信用できる人間かどうかをチェックしているからですよね。

審査に通るという事は、信頼関係が出来上がるという事。

これは審査に通った本人にしか通用しない事なのです。

会社についても同じ事が言えます。

以上の理由からETCカードのレンタルは出来ない事になっているのです。

関連記事:知り合いのETCカードを借りましたが、使えますか? – 知り合いはETC… – Yahoo!知恵袋

▼それでも、ETCカードを使いたい場合はどうすればいい?

レンタカーショップで車をレンタルした場合は貸し出し可能!

「そんな事を言ったって、どうしても今ETCカードを使いたい、使わなければならない」という場合はどうすればいいのしょう。

そんな時には、それこそレンタカーショップで「車ごと」借りればいいのです。

これまでお話しした通り、レンタカーショップにはETCカードのレンタルをしているところがあります。

あくまで車を借りた時のオプション扱いになり、車種にも数にも限りがあったりしますが、それさえクリアすれば安価でレンタルする事ができるので是非利用してみましょう。

安い所では6時間でレンタカー代6,000円とETCカードレンタル代300円プラス保険等に加入しても1万円弱で借りる事が出来るのでそんなに大変な金額にはなりません。

時と場合によって臨機応変にETCカードのレンタルを利用してみましょう。